身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
秋の渡りと冬鳥が同居
2009-10-12 Mon 23:31
台風一過 珍しい鳥が入って来るかと期待しましたが公園は静かなものです。
池のほとりのモッコクの木にキビタキやオオルリ、コサメ、ムシクイなどがやって来てますが、枝が盛大に被ってる上に動きが早くて中々上手く撮れません。

画像はすべてクリックすると大きくなりますので是非大きくしてご覧ください。


EOS40D EF400mm F5,6


今秋 初めて撮る事が出来ましたコサメビタキです。
ヒタキ三兄弟の出現が無いのでとてもさびしく思っております。

kosame


オオルリ♀かと思われます。

ooruri


キビタキ♂ 中々姿を現してくれず動きが早い 手ごわいです。
1羽の上の微かに黄色いのはもう1羽のキビタキ♂が動いている軌跡です。
以下の4枚はG1にEF400mmを着けたものです。

kibi♂


モッコクの赤い実を食べるキビタキ♂

kibi♀


直ぐ傍にあるサクラの木に虫を探すメボソムシクイ

musikui


オオルリの♂も赤い実を夢中で食べてます。
その他メジロ、シジュウカラ、キジバト、コゲラなどが群がる大人気のモッコクです。
フライキャッチャー達は実を食べる時もホバリングするので手ごわいのです。

ooruri♀


ノゴマが居た垣根を観察してると垣根から枝に飛び移った鳥が居ました。
w( ̄o ̄)w オオー! ジョウビタキ♀。
なんと もう冬鳥がやって来たのですねぇ。

jobi

萩の植え込みにはキセキレイの若。

kisekirei


暫く座って観察してても頭上の枝にオオルリの♀が留まったきり…
何も居ないので場所を移動しようかと自転車に乗り小道を進みますと。垣根から何かが飛び出ました。
萩の植え込みに逃げ込んだので自転車を降りて見てみるとノゴマ♀でした。

mogoma1


♂とまったく同じデザインながら赤い色が無い。
こんな枯れ葉と同じ色合いですから彼女は動かなければ見つけられなかったでしょう。

nogoma3


眉班と顎の線がバッテン印なのも一緒ですねぇ。

nogoma4


喉の部分は白っぽいんですね。

nogoma5


上を見上げると白さが目立ちます。

nogoma6


水場の後ろではビンズイが居たそうです。
確実に冬はやって来てるようです。
大人気のモッコクの実 ムギマキがやって来るまで残ってるかしら…
しかし まだ熟してない実をコゲラがつついて食べてるのにはびっくり。
まだまだ 秋の渡りが楽しみなこの頃です。
スポンサーサイト
別窓 | 夏鳥 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<鮮やかノゴマ♂2号 | ankoの鳥撮り帖 | 鮮やかノゴマ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ankoの鳥撮り帖 |

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。