身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
カワセミの恋の季節
2009-03-30 Mon 20:50
カワセミ池のカワセミペアがどうやら成立したようなのですが、未だに餌渡しなどはしません。
♀が積極的な行動を取っていますが、♂の方が逃げ腰 ┐(´∇`)┌
追い出したりしないのでペアになってるとは思いますが...
せっせと自分の為の餌取に励んで居たのですが、今日はお出ましが少なかったです。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

♂です 冬の間に若い♂とバトルして追い出し、ここの主になりました。

カワセミ1


カワセミ2


餌を狙って飛び出し寸前。

カワセミ3


若♀です 色の綺麗な♀を追い出して居座っています。


カワセミ4


カワセミ5

♂ 萌え木に留まって。


カワセミ6

瞬膜を閉じるとちょっと気味が悪い。


カワセミ7

♀の飛び出し。


カワセミ8

♂の飛び出し 共にSSが遅く止まりませんな。


カワセミ9

デカイえびを取った♀ 自分より大きいのでは...


カワセミ10

咥え直そうとしたのか大きすぎて諦めて離したのか...


カワセミ11

あらら 落ちてった と首を伸ばして見守る♀ これってザリガニじゃないですか。
ハサミが喉に引っかかるでしょうに 叩きつけて落とすのかなぁ...
暫く落ちてった水面を眺めていましたが はて 実のところはどうなんでしょうね。


カワセミ12


この様に並んで留まるのに、♂の方が逃げてってしまいます。


カワセミ13

ちっちゃい足で内輪が可愛い♂ 嘴の大きさとアンバランスですよね。


カワセミ14


飛び物に初めて挑戦し、ほとんどまぐれで撮れていたものです。


カワセミ15


飛び出しにも真面目に挑戦、一応止まってますねぇ。


カワセミ17

やっぱりG1では高感度が使えないので無理と、40D 400mmで挑戦。
もう少し羽根を広げててくれたらカッコイイのに...


カワセミ18

(━_━)ゝウーム ピントが来ませんねぇ。
まあ 後は修行あるのみです。


カワセミ19

追っかけて行って画面の端っこの方に写ってたのでトリミングしました。
えび咥えてますが 判りませんよね (^^ゞ


カワセミ20

カワセミ池の人気者 「コンちゃん」と名付けました。
彼女を連れてやってきてますので近くで繁殖するのでしょう。

コンちゃん


今日も修行をと思いましたら出てくれませんでした。
まだまだ ものにはなって居ませんが 初挑戦と言う事で...


スポンサーサイト
別窓 | カワセミ | コメント:4 | トラックバック:0 
ルリビタキ コードネームOM
2009-03-21 Sat 23:39
MFのカワセミ池に沢山ある枝垂れ桜があっという間に咲き誇り、最早散り初めという状況です。
明日の雨で散ってしまうのではないでしょうか。
以前に撮り溜めていたルリビタキ、コードネームOMですが大分前から姿を見ることが出来ません。
いち早く移動を始めたのか、それともMF内で移動してるのかは判りませんがそろそろ居なくなる時期なのかも...
カワセミ池のカワセミペアも活発に動き回って居ますが、未だ餌渡しなどは見られません。
それでは ルリちゃんの在りし日の姿をご覧下さい。

機材は EOS40DとNIKON D200のデジボーグです。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

色はまずまずです 来年は綺麗になって戻ってきて欲しいものです。

OMルリ1


OMルリ2


OMルリ


OMルリ


OMルリ

綺麗な色の成鳥♂の割合はとても少ないそうです。
青くなるのに3年は掛かるそうで、そこまで生き延びるのには中々大変でしょう。


OMルリ4

その成鳥♂が今年は少なくとも5羽以上確認されたのは嬉しい事です。


OMルリ5


OMルリ6


OMルリ7


OMルリ8

このチョット前に大きなミミズを見つけて格闘していましたので、休憩と言う所でしょうか。

OMルリ9


OMルリ10


その外のルリ♂は未だ居ますが明日の雨の後移動を始めるのかも知れません。
名残惜しいですが そろそろ冬鳥たちともお別れしなければなりません。

別窓 | 冬鳥 | コメント:6 | トラックバック:0 
ミソサザイ
2009-03-17 Tue 19:14
近所の神社の小川に居るミソちゃんは未だ囀ってくれないのですが、もうお山では囀ってるらしい。
反り繰り返って囀るのが見たくて京の奥座敷と言われるお山にプチ遠征して来ました。
林業は廃れて荒れたお山ですが釣りの人が入るくらいで静かで鳥にはいい環境ですね。
ハイキングもシーズンオフですし誰も居ません が しかし鳥も鳴き声すらしません。
只 川の流れる音がするばかり チョット早かったのかな...  まぁお昼でもと座って待つと聞こえてきました。
川の流れる大きな音にも負けないミソちゃんの囀り。
すばしっこくって何処に居るのか判らないでキョロキョロしてると、目の前の丸木にひょこっと出てきました。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

Rumix G1 マウントアダプター NIKON ED300mm F4 EXズーム1.4倍 換算840mm ISO400

近所のミソちゃんより色が濃い、目がちっちゃい 可愛いです。


miso1

何度か目をつむってるのが撮れてました。


miso2

シッポをおっ立てて 足は内輪ですね。


miso3

お得意のポーズ 大きな口を開けて大きな声で囀ってます。


miso4


絶叫です。
こんな小さい鳥にこんなに良く通る大きな声が出せるんですねぇ。

miso5

ごく近くにやって来てくれました。
未だ相手は居ないようで、頑張って鳴いて呼び寄せなきゃと言う感じです。


miso6

巡回してるのでしょう、午後の3時間ほどの間に3回ほど来てくれました。
でも 小さい虫は飛んで居たのに他の鳥たちは姿どころか声も聞こえませんでした。
微かにシジュウカラらしい声が聞こえただけで、ヒヨやメジロ、アオジやカヤクグリなどが居るかと思ってたのに皆目でした。
そろそろ帰ろうかと思ったその時、斜面から白黒模様の鳥が3-4羽下りて来ました。
( ̄± ̄?)ん? シジュウカラ と思って双眼鏡で覗くと 胸が赤い。
ウソ~~~  (*'▽'*)わぁ♪ ウソだぁ~~~~
赤い喉が綺麗な♂は少なくとも2羽は居ましたが、どんどん下流のほうに下りて行き見えなくなりました。
勿論 カメラは仕舞っていたので写真はありませんが、近くで見られただけでも嬉しかったです。
お山は広くて密度がMFとは全然違うと言う事が良く判りました。
歩き回るかじっくりと待つかしか出会える事は難しいようですね。
オオルリなどが居そうなので又行ってみたいところです。
別窓 | 冬鳥 | コメント:2 | トラックバック:0 
もう直ぐ旅立つ冬鳥たち
2009-03-14 Sat 20:15
MFのお池にある大きな枝垂れ桜のつぼみが大きく膨らんで今日の雨が上がったら咲き始めるのではないでしょうか。
未だ冬鳥たちは居ますが、旅立つ前に撮って見ました。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。


ビンズイ 比較的遅くまで居るようですが今年は例年より少なかったように思います。


binzui

トラツグミ 今年は異状に多かった。
ネコに襲われた丸顔のドジトラ 無事に旅立てるかな。


tora

ルリビタキ♂ これも今年は多かった。
成鳥♂は6箇所で確認されていますが、撮影できたのは5箇所でそのうちの1箇所はブレブレでボツ。
これはコードネームMK 最近綺麗になってきたと思います。
来年も帰って来てね。


ruri1

コードネームSK メタボ気味に見えますが、若干猫背気味でそう見えるのかも...


ruri2


ruri3

コードネームSI これは中々いいのが撮れずにいたのですが、やっと見返りが撮れました。
一番綺麗な色かと思います。
もう1箇所のコードネームOMは沢山撮れてたのですが、珍鳥騒ぎでアップしそびれていたので別項で載せる事にします。


ruri4

アトリ もう直ぐ居なくなるでしょう ♂が真っ黒になってきて綺麗です。


atori


ミソサザイ すばしっこくって難儀しましたが、何とか撮れていました。
もうすぐお山に帰るのでしょうね。
以前はMFにも来ていたのですが、これはMFの近くの神社の川に居たものです。

P1060007usm-rsiz.jpg


その他 シメも今年は多かったのですが、アオジは秋には結構居たのに冬真っ盛りには数えるほどしか居ませんでした。
最後にと思って探してみたのですが撮れませんでした。
ヒガラも最初は居たのに最近は全然見ません。
「アサオカ」と名付けられたルリビタキ♀タイプは先に旅立ったのか見当たりません。
アオバトは時折留まってるのが見られますが、下に下りてくる場所と時間がまちまちで、これも撮れて居ません。
アオゲラとキクイタダキはとうとう来ませんでした。
春を告げるレンジャクが来るのを待つばかりとなりました。

追加

他の場所では2月の末頃から囀り始めているウグイス。
この固体は黙っていましたがもう直ぐ居なくなると思うと可愛く思えますねぇ。
MFで繁殖してるペアも居るようですが...

Rumix G1 マウントアダプター NIKON ED300mm F4

uguisu


このモズはコードネームMKのルリちゃんを苛めていた固体だと思います。
チョット離れた♀の縄張りに居ました。
このペアもお山の方に行ってしまうのでしょうね。

mozu


別窓 | 冬鳥 | コメント:4 | トラックバック:0 
トラフズク
2009-03-08 Sun 20:26
MFではめったに見る事が出来ないトラフズクが出ていると言うのでおっとり刀で出かけてきました。
隣県の大きな川の河川敷で駐車場やトイレ完備のこの上なく条件のいいロケーションです。
河川敷に入るゲートが9時にならないと開門しないと言うのでゆっくり出かけました。
フクロウ類は昼は寝ているのだろうなぁとは思っていましたが、全ては藪の中...
何処から覗いても全身はおろか顔に枝が被ってないところはありません。
しかも4羽も居るのは驚きですが全身が見えるのは1羽だけです。
ちょっとは動いてくれるかと夕方まで待ってみましたが、羽繕いは藪の中 動きません。
私にとって貴重なライファー証拠写真なので載せてみます。


画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

Rumix G1 ボーグ77ED F6.5 EXズーム1,4倍 換算1400mm

トリミングあり (周りがぐちゃぐちゃなので... ) 3月7日撮影
暗い場所なので露出補正明るめです。

トラフズク1

ちょっとこっち向いてくれました。


トラフズク2

本来の色はこのくらいですかね。
でも 図鑑の色はもっと黒っぽいですけど...


トラフズク3

待っている間にトラフズクが居る木にいろんな鳥がやって来ます。
大きくて太目のが飛んできて川の上の電線に留まりシメかなぁと思って覗いてみたらキレンジャクでした。
今季初撮りのキレンジャーは遠くて不鮮明ですが記念に。


キレンジャク


ベニマシコが頻繁にやってくるのですが逆光気味であまり色が出ませんねぇ。


ベニマシコ1

ちゃんと白い涎掛けをしている成鳥♂です。
もっとピントバッチリに撮って上げたかったです (w_-; ウゥ・・


ベニマシコ2


トラフズク 今日には抜けてしまったようで見られただけでも良しとしなければいけませんね。
ここにはツリスガラやオオジュリン等も居るようですが、見つけられませんでした。
広すぎて自転車がないと私には無理です 積んで行くのもいいかも知れません。
又 来て見たいロケーションです。


別窓 | 猛禽 | コメント:8 | トラックバック:0 
ハヤブサ
2009-03-06 Fri 17:26
レンジャクが居た川の上流の山にはハヤブサが居ます。
これも以前から聞いていたのですがこれも人が多くて二の足を踏んでいました。
様子を見に行ってみようかと場所を聞いてみた所、連れて行ってあげると言うのでこれまた急遽翌日に行くことになりました。
撮影距離が遠いとは聞いていたのですが、到着して留まってるのを見ると豆粒。
デジスコにしようかとも思ったのですがG1ボーグのほうが軽いし、セットアップも早くて簡単だしテストもしたいと言うことでボーグにしました。
今回の画像は全て甘い!! 故にアンシャープマスクかけてます。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

Rumix G1 ボーグ77ED F6.5 EXズーム2倍 換算2000mm


距離は100メートルはあると聞いていたのですが、このお嬢さまが留まってる木まではゆうに130メートルはあると思われます。
トリミングあり。


ハヤブサ1

双眼鏡でも良く見えないし、ファインダーでも小さい。
こんな時役に立つのがG1のMFアシスト 5倍に拡大してくれます。
が しかし 2000mmではファインダーの画像もブレブレ (つД`)
o┤*´Д`*├o アァー マイクロフォーカサーが欲しい~~~。


ハヤブサ2

お嬢さまが飛び立って中々帰って来なかったのですが、2羽で鳴きながら帰って来ました。
良く判らなかったのですがこれが♂のようです。
叫んでいます ♀を呼んでるのかも。
ノートリです。


ハヤブサ3

羽根を広げて餌を食べ始めました。


ハヤブサ4

♀がやって来ました 餌渡しです。


ハヤブサ5

♀が餌を持って飛んで行き 取り残された♂。


ハヤブサ6

働けど働けど...  じっと手を見る なんちゃって。


ハヤブサ7

♂が飛んで行き食べてる♀の上に乗りました 交尾です。
食べながらなんて お行儀が...


ハヤブサ8

あんたたち 見たわね。


ハヤブサ9

食べ終わって 満足じゃ と言う感じです。


ハヤブサ10

可愛い顔をしていますね。
この位置なら結構近いのでまずまずですが、シャッターを切る手が震えているようです。
その上 MFアシストしてる間もなくファインダーでは顔のピントは良く見えません。
取りあえずシャッターを切るのが最優先。


ハヤブサ11

お嬢さま 食べ終わって何処かに飛んで行き帰って来て羽繕い 水浴びしてきたようです。
羽繕いが終わって飛び出す寸前です。
羽根を広げるとカッコイイですねぇ 中々止まりません (;´д`)トホホ


ハヤブサ12

ハヤブサを待ってる間オオタカらしいのとハイタカらしいのとの2羽が上空を飛びました。
ファインダーに入れるべく振り回しましたが、如何せん2000mm 到底無理です。
飛び物は400mmくらいのレンズで手持ちが望ましい。
となると2台体制は必須です。
G1ボーグでハヤブサを撮るのには軽い合焦装置とシャッターリモコンが必要です。
それと反射神経 導入技術 ...  遠い道ですね。

別窓 | 猛禽 | コメント:2 | トラックバック:0 
レンジャク
2009-03-06 Fri 16:31
南地区の川岸のヤドリギにレンジャクがやって来て居るのは聞いていたのですが、連日大勢の人出で躊躇していました。
身が軽くないと言うか┗(-_-;)┛オ・・オモイ…ので人が多いのは身動きが取れないんです。
そこのヤドリギを食い尽くした頃にはMFにもやって来るので何時も(ー_ー )ノ" パスしていました。
MFには相変わらず閑古鳥しか居ませんが巡回はしています。
そんな月曜日そこに出かけた人から連絡があり、「今日は人が少ないよ~~」と言う事で急遽出かけることになりました。
クルマの置き場所も判らず遠くに置いて苦手な歩きです。(普通の人には直ぐ近くの距離なのですが... )
やっと到着すると何ととても低い位置のヤドリギにスズメ然としてレンジャクが居るではありませんか。持ってきていたのはG1ボーグ 近すぎてどうにもなりません。
土手の道は狭いし、観光客は通るし ┐(´∇`)┌
MFのレンジャクは高い位置にしか来ません これはこれで首が痛いのですが...
気を取り直してドアップのレンジャクボールを撮りました。


画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

Rumix G1 ボーグ77ED F6.5 換算1000mm

ボール2個です ( ̄0 ̄;アッ違った 餌を食べた後ヒレンジャク2羽が寛いでいました

レンジャク1

ほな お先に と1羽が飛んでいきます。


レンジャク2

ヤドリギを美味しそうに食べて...


レンジャク3


レンジャク4


レンジャク5

又 一休み。


レンジャク6


レンジャク7

赤いボールばかりでしたが1羽だけ居ると言うキレンジャク若は藤棚の枝被りの中だと言うのであまり気が乗りません。


レンジャク8

日も暮れてきたので撮影を中止して帰路につきました。
その後キレンジャク成鳥が5羽ほど入ってきたらしいのですが、実も残り少なくなったそうでもう直ぐ居なくなるでしょうね。
飛んでるのやら水を飲むシーンやらを撮りたかったのですが果たせませんでした。
MFの梅が満開でこの薄ピンクの梅は綺麗でした。


梅

G1 サイズS は300万画素になると言うので撮って見ましたが、結構見られますね。
ルリちゃん 暗いところですがSS15/1手持ちで撮れてました。


ルリ300万画素


水場のガングロスズメはちょっと垢抜けて色白になってました。
これも300万画素です 近距離はかなり解像しています。

スズメ300万画素


毎日 レンジャクがMFにやってきてないかと見回ってますが未だ見つける事が出来ません。
今年は 関西各地でキレンジャクが良く見られているそうで楽しみです。
でも MFにはヤドリギは無く、キヅタの実を食べるのですがヤドリギ同様キヅタも親木を弱めると言うので随分切られてしまいました。
今では奥のほうにしか残っていず撮影は難しいかも知れませんね。
ヤドリギと違って木蔦(キヅタ)は親木の養分をとりませんので残しておいてやって欲しいものです。

別窓 | 冬鳥 | コメント:4 | トラックバック:0 
マヒワ第2段
2009-03-03 Tue 17:56
いいお天気に誘われて土曜日に又マヒワを撮りに行ってきました。
巷でボーグと抜群の相性だと言われてるルミックスのG1、ネットでWズームキットが激安になったのでついポチって仕舞いました。
キットの45-200mmズームで試し撮りしてみたら何だかやけにノイズが多い上に、ノイズリダクション-2にしてみても甘い絵しか撮れません。
(━_━)ゝウーム ボーグの方々は絶賛してると言うのにどういう事??
まあ 手持ちで撮ったので単に腕が悪いのかも知れませんね。
まあ 嘆いてみても仕方が無いのでボーグに繋いで見ることにしました。
その試写を兼ねてマヒワさんにモデルになってもらおうと言うわけです。
で 撮ってみたら案外行けるんじゃないかなと言うのがファーストインプレッションです。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

G1 ボーグ77ED F6.5 EXズーム1.4倍 換算1400mm フィルムモード Nature NR-2 ISO400

いきなり飛んでいます 「ちょいと失礼しますよ」と言う感じです。

mahiwa1

木曜日と違って目線の近くに留まってくれてラクチンでした。


mahiwa2

左の♂がストレッチしてますね。


mahiwa3

「ちょいと通りまっせ」なんていうのが撮れました。


mahiwa4

羽ばたいております。


mahiwa5

♀、♂、若♂ ですかね。

mahiwa6

これは三姉妹ですかしら。


mahiwa7

♂は頭が黒くてお腹の黄色が縦縞と生え変わって黄色みが増すようです。
下尾筒と尾羽の下側も黄色が濃くなっています。


mahiwa8

そして♂は喉元と頬の部分にも黒い所がありますね。
尾羽の下側にも黒い線が見えます。


mahiwa9

ノイジーで若干甘いですが換算1400mm デジスコの鮮明さとまでは行かないものの、まあまあかな。
何といってもEOS40Dより軽い、EXズームを駆使すれば1000mm、1400mm、2000mmを選べる便利さが有ります。
大きく印刷するので無ければこれは充分に使えるのではと言うのが感想です。
D200、EOS40D、G1の3つをボーグで試してみましたが、私の好みはEOS40Dです。
ノイズ処理が上手くなされていると思いますね。
D200の画像処理はどうも汚くて気に入りませんがD300ならいいのでしょうか?
G1 家電メーカーのカメラはかなり偏見を持っていましたが、中々面白いカメラで使い勝手もとても(・∀・)イイ!!
LVF(ライブビューファインダー)はとても見やすく光学ファインダーと遜色は有りません。
何より 再生がファインダーで見られるのが便利です。
MFアシストは言うことなしの機能です。
これで ノイズ処理の改良ファームアップと300mmレンズの開発があれば最高です。

別窓 | 冬鳥 | コメント:4 | トラックバック:0 
| ankoの鳥撮り帖 |

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。