身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
チョウゲンボウ巣立ち顛末記
2008-06-06 Fri 23:55
昨年 駅舎の屋根裏で繁殖し4羽の雛を巣立ちさせたチョウゲンボウが今年も抱卵してるとの情報は得ていました。
その時の記録は  昨年のチョウゲンボウ
最近雛が孵っているとの事で一度見行ってみなくてはと思って居た所、駅を利用された方からもうすぐ飛び出しそうだという連絡で飛んで行ってみました。
昨年と同じ所の巣には大きくなった雛たちが4羽ひしめき合っていました。
それにしても昨年と比べて一ヶ月以上早いのにはオドロキです。
初めて繁殖した昨年はもの珍しさもあってカメラマンが詰め掛けて大騒ぎだったのに、今年は誰一人居ませんでした。
9時ごろから観察し始めお昼になったので食事に行こうかと駅の高架を潜りながら、この辺に巣を作ってくれると見やすいのになと見回してたら何かが飛んできました。
至近距離の街灯の上に留まったのを見ると何と!! チョウゲンボウです。
街灯の上で頻繁に通り過ぎる人間たちを見回してる様子 これは雛ですね。
( ̄0 ̄)/ オォー!! 巣立ってたんだ もうそこを動けなくなってしまいました。
1番子  画像は全てクリックすると大きくなります。

チョウゲンボウ1番子


私一人ではどうにもならず応援をと連絡してみてもお天気の日曜日、中々連絡がつきません。
やっと一人がやって来て下さりほっとしました。
1時間くらい人間を見回した後広場の方に飛び、大通りを越えてビルの壁にしがみつきました。
やはり1番子はしっかりしています。
で ふと気がつくと巣に4羽居るという事は5羽孵ったんだ ♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
その日は動きは無く帰宅、翌日雨模様でしたが出かけました。
巣の中には相変わらず4羽ひしめいています。
そうする内 駅前広場のふうの木に1羽が留まってるのが発見されました。
と 言う事は6羽 ┐(´∇`)┌ 何と6羽孵ったのです。
2番子

チョウゲンボウ2番子


お昼になり見守りをお願いして食事に行って戻ってくるとその2番子が飛んで失速し、フェンスに囲まれた空き地に逃げ込んだとの事...
やれやれ 又落鳥。
最初は飛び跳ねてましたが茂みに隠れたまま出てきません ここは危険がイッパイ。
相談の結果 保護して木に留まらせることにしました。
何とか成功し木の上の方に登っていきました。
そのあと 3番子がホーム方向に飛び出したので急遽駆けつけると線路に落ちてましたアワワ ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アワワ
駅長室に駆け込み交渉の結果電車の合間に駅員さんが線路に下りて保護してくださる事に...
これが又難題、線路の間を逃げ惑う雛、時間は迫るヒヤヒヤドキドキ ...
シャツを被せてやっとの事で確保しました。
同じ木に留まらせて兄弟で仲良くその日は居ました。
3番子

チョウゲンボウ3番子


午後から雨脚が強くなり幼鳥には厳しい状況です。
明日には樹下に落ちてる可能性も考えられますがともかく翌朝まで祈るばかり。
翌朝 雨は相変わらず降り続いてる中行ってみると2羽とも居ました。
2番子はその後元のふうの木に飛び駅舎に出戻ったようです。
その日は4番子が又ホーム方向に飛んだので慌てて行って見ると屋根裏の端っこの梁に留まってました。 (´▽`) ホッ
4番子

チョウゲンボウ4番子


5番子も続いて出たものの戻ろうとして果たせず線路の手すりに留まっていて飛び移ろうとして滑り下に落ちていきました。
下に居た人たちはそれを見ていずその後行方不明です。
5番子

チョウゲンボウ5番子


この辺りになってくるとどれがどれやら区別がつかないし、駅前広場に居ても親から餌が貰えないからか元の巣に出戻って来たりして1番子以外は判別不能になりました。
4番子は巣に戻るべく屋根裏を飛び回ってるうちに眼をぶつけたらしく怪我をしていました。
翌朝 木に留まってた3番子も居なくてこれも戻ったのか...
巣には2羽が入っていました。
まだ巣立ってない6番子以外の子は出入り出来るようです。
そして最後の6番子が出ました。
梁に留まろうとして滑って広場の桜の木に到達して先ずは一安心。
6番子

チョウゲンボウ6番子


一安心と思ってたら枝移りに失敗し下の植え込みに落ちました o┤*´Д`*├o アァー
マタマタ 保護です 苦労して確保し何時もの木に留まらせようとしても自分で木から降りてしまいます。
再度 留まらせても又降りて大通りの方向に逃げ、慌てて回り込んだのですがそれをかすめて大通りに低く飛んだ わお!w(*・o・*)w
あわやクルマに轢かれる寸前 向かいの倉庫会社のトラックの下に逃げ込む。
それを追い出しシャツを被せて確保。
相談の結果 高いところに置いてやることに...
マンションに交渉してみても不可、先ほどの倉庫会社の2階駐車場はどうかと頼み込むと快諾して下さいました 感謝!!
この駐車場は昨年 4番子の落鳥時に留まらせた木のトップから飛んで着地した場所です。
そこの日陰に置いて怖がらせないように退出しました これが昼ごろ。
帰り際 見に行ってみたら何処にも見当たりませんでした。
何処かに飛んだと思いたい そんな気持ちで帰りました。
翌日 駐車場の隣の高いビルの鉄塔に幼鳥が留まってました きっと6番子でしょう。
巣にはまだ1羽が居る気配はするし親が餌を運んでましたが姿が見えません。
衰弱して死んだのかもしれませんね。
翌日 ますますどれがどれやら判らないけどあちこちのビルの上などに親が餌を運んでます。
幼鳥も飛んでるのが撮れました。
幼鳥の飛翔

チョウゲンボウ雛飛び物


親が何時も餌を捌くビルのライトのある場所の下の方に何か留まってるなと双眼鏡で見ると幼鳥です。
眼をつむったりしてる仕草からあの怪我をしてた4番子に違い有りません。
親が餌を持ってきて呼んだので思い切って飛び、危なっかしい飛び方でしたが親の居る所まで無事到達し餌にありつけました。
無事だったんです これで全ての雛が巣立ったのが確認されました。
多分 4番子

チョウゲンボウ出戻り負傷子


落鳥した雛を人間の手で保護するという事は賛否両論ありますが、自然に任せて衰弱してから動物園に保護して檻の中で暮らすか、早いうちに飛び立てる場所に移してやり生き残れる可能性を残してやるかの判断はとても難しいと思います。
昨年も 今年もどうにか上手く行ったのではと思いますが雛にストレスを与えたことは間違いないでしょうね。
地上に居るという事はとても危険で、自動車やカラス、ネコやヘビなどの脅威を考えると放って置けない気がしてなりません。

お天気が良くなれば飛び方の練習を始めるでしょうから雛が幾つ無事か判るかもしれません。
それにしてもこの親は6羽も無事に育てるなんてたいしたものですね。
全員で大空を舞う姿が是非見たいものです。
スポンサーサイト
別窓 | チョウゲンボウ | コメント:9 | トラックバック:0 
| ankoの鳥撮り帖 |

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。