身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
トラフズク
2009-03-08 Sun 20:26
MFではめったに見る事が出来ないトラフズクが出ていると言うのでおっとり刀で出かけてきました。
隣県の大きな川の河川敷で駐車場やトイレ完備のこの上なく条件のいいロケーションです。
河川敷に入るゲートが9時にならないと開門しないと言うのでゆっくり出かけました。
フクロウ類は昼は寝ているのだろうなぁとは思っていましたが、全ては藪の中...
何処から覗いても全身はおろか顔に枝が被ってないところはありません。
しかも4羽も居るのは驚きですが全身が見えるのは1羽だけです。
ちょっとは動いてくれるかと夕方まで待ってみましたが、羽繕いは藪の中 動きません。
私にとって貴重なライファー証拠写真なので載せてみます。


画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

Rumix G1 ボーグ77ED F6.5 EXズーム1,4倍 換算1400mm

トリミングあり (周りがぐちゃぐちゃなので... ) 3月7日撮影
暗い場所なので露出補正明るめです。

トラフズク1

ちょっとこっち向いてくれました。


トラフズク2

本来の色はこのくらいですかね。
でも 図鑑の色はもっと黒っぽいですけど...


トラフズク3

待っている間にトラフズクが居る木にいろんな鳥がやって来ます。
大きくて太目のが飛んできて川の上の電線に留まりシメかなぁと思って覗いてみたらキレンジャクでした。
今季初撮りのキレンジャーは遠くて不鮮明ですが記念に。


キレンジャク


ベニマシコが頻繁にやってくるのですが逆光気味であまり色が出ませんねぇ。


ベニマシコ1

ちゃんと白い涎掛けをしている成鳥♂です。
もっとピントバッチリに撮って上げたかったです (w_-; ウゥ・・


ベニマシコ2


トラフズク 今日には抜けてしまったようで見られただけでも良しとしなければいけませんね。
ここにはツリスガラやオオジュリン等も居るようですが、見つけられませんでした。
広すぎて自転車がないと私には無理です 積んで行くのもいいかも知れません。
又 来て見たいロケーションです。


スポンサーサイト
別窓 | 猛禽 | コメント:8 | トラックバック:0 
ハヤブサ
2009-03-06 Fri 17:26
レンジャクが居た川の上流の山にはハヤブサが居ます。
これも以前から聞いていたのですがこれも人が多くて二の足を踏んでいました。
様子を見に行ってみようかと場所を聞いてみた所、連れて行ってあげると言うのでこれまた急遽翌日に行くことになりました。
撮影距離が遠いとは聞いていたのですが、到着して留まってるのを見ると豆粒。
デジスコにしようかとも思ったのですがG1ボーグのほうが軽いし、セットアップも早くて簡単だしテストもしたいと言うことでボーグにしました。
今回の画像は全て甘い!! 故にアンシャープマスクかけてます。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

Rumix G1 ボーグ77ED F6.5 EXズーム2倍 換算2000mm


距離は100メートルはあると聞いていたのですが、このお嬢さまが留まってる木まではゆうに130メートルはあると思われます。
トリミングあり。


ハヤブサ1

双眼鏡でも良く見えないし、ファインダーでも小さい。
こんな時役に立つのがG1のMFアシスト 5倍に拡大してくれます。
が しかし 2000mmではファインダーの画像もブレブレ (つД`)
o┤*´Д`*├o アァー マイクロフォーカサーが欲しい~~~。


ハヤブサ2

お嬢さまが飛び立って中々帰って来なかったのですが、2羽で鳴きながら帰って来ました。
良く判らなかったのですがこれが♂のようです。
叫んでいます ♀を呼んでるのかも。
ノートリです。


ハヤブサ3

羽根を広げて餌を食べ始めました。


ハヤブサ4

♀がやって来ました 餌渡しです。


ハヤブサ5

♀が餌を持って飛んで行き 取り残された♂。


ハヤブサ6

働けど働けど...  じっと手を見る なんちゃって。


ハヤブサ7

♂が飛んで行き食べてる♀の上に乗りました 交尾です。
食べながらなんて お行儀が...


ハヤブサ8

あんたたち 見たわね。


ハヤブサ9

食べ終わって 満足じゃ と言う感じです。


ハヤブサ10

可愛い顔をしていますね。
この位置なら結構近いのでまずまずですが、シャッターを切る手が震えているようです。
その上 MFアシストしてる間もなくファインダーでは顔のピントは良く見えません。
取りあえずシャッターを切るのが最優先。


ハヤブサ11

お嬢さま 食べ終わって何処かに飛んで行き帰って来て羽繕い 水浴びしてきたようです。
羽繕いが終わって飛び出す寸前です。
羽根を広げるとカッコイイですねぇ 中々止まりません (;´д`)トホホ


ハヤブサ12

ハヤブサを待ってる間オオタカらしいのとハイタカらしいのとの2羽が上空を飛びました。
ファインダーに入れるべく振り回しましたが、如何せん2000mm 到底無理です。
飛び物は400mmくらいのレンズで手持ちが望ましい。
となると2台体制は必須です。
G1ボーグでハヤブサを撮るのには軽い合焦装置とシャッターリモコンが必要です。
それと反射神経 導入技術 ...  遠い道ですね。

別窓 | 猛禽 | コメント:2 | トラックバック:0 
| ankoの鳥撮り帖 |

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。