身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
フクロウ
2009-02-13 Fri 20:24
今日はいつものルリちゃんと新顔のルリちゃんを見て、梅林にでも何か鳥が居ないかなと思って探してるとフクロウが出たと知らせがありました。
半信半疑で駆けつけると居ました居ました。
何でも カラスの集団に囲まれて地上に居たらしく、誰かが木切れを投げたのでカラスが散りその間に枝に飛んだと言う事だそうです。
MFではごくたまにフクロウの目撃談があり、数年前の今頃も私自身見たことは有るのですが撮影には至りませんでした。
その時はカメラを出していなくてセットしいざと言う時に飛ばれてしまい、悔し涙 (w_-; ウゥ・・
今回は沢山撮る事が出来ましたが、同じシーンばかりです。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

EOS40D デジボーグ77ED F6.5 電子アダプター 

片目をを開けていますが左目は傷つけられたのか半開きです。

フクロウ1


カラスがちょっかいを出しに来ると体を膨らませて威嚇しています。

フクロウ2

目を瞑って寝ているのでしょうか。

フクロウ3

やはり左目は傷めているのでしょうか ウインクしています。


フクロウ4


フクロウ5

あ 両目を開きました ハート型の顔とつぶらな瞳 キュートです。


フクロウ6


何だか目玉だけ片一方に動かしていますね トリミングしてみました。
それとも 瞬膜? そうかも知れませんね。


フクロウ7

上を向いた横顔 (≧m≦) ぷっ! 顔はパラボナアンテナになってるんですねぇ。


フクロウ8


この時点で4時 SSは1/20 限界です。


フクロウ9


この後 5時前になってカラスも居なくなり彼の活動時間となったのか飛びました。
向こう側の枝に飛び移り羽繕いをして視界から消え去りました。
心配されたほどダメージは無かったようで、煩いカラスが消えるまでじっとしていただけのようでした。
尾羽は突っつかれて居たそうで確かにボロボロでしたが抜かれては居なかったそうです。
じっくりと見せてもらって感激の一日でした。

スポンサーサイト
別窓 | 留鳥 | コメント:12 | トラックバック:0 
一年ぶり オオタカ
2008-12-10 Wed 19:38
雨上がりの今日は又暖かい一日でした。
MFに着いたのが遅かったのでアオバトは散ってしまって見当たらず、お池の橋にいたところカラスの軍団を追いかけてった人から連絡が...
オオタカがハトを捕食してるよ~~~~」 すわっ と駆けつけました。
そこは 人通りの多い通路から3メートルと離れていない芝生の上。
通路のこちら側からでも画面いっぱいの近さです。
捕食シーンですのでかなり残酷です 苦手な方はご覧にならないほうがいいかも。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

EOS40D 400mmF5.6L 全てノートリ リサイズのみ

成鳥 ♂かと思われます 綺麗な固体ですね。

オオタカ1

オオタカ2

オオタカ3

オオタカ4

オオタカ5

一羽のハシブトガラスが忍び寄り隙あらば横取りをと狙っています。

オオタカ6

2メートルほど追い払って飛んで戻ってきたところです。


オオタカ7

懲りずにやって来るカラスとにらみ合うオオタカ。

オオタカ8

キャプションは不要でしょう とくとご覧下さい。


オオタカ9

オオタカ10

オオタカ11

オオタカ12

オオタカ13

この後姿勢を変えて掴み直しています。

オオタカ14

オオタカ15

しつこいカラスに嫌気が差したのか、人間どもが煩かったのか餌を掴んだまま飛び去ってしまいました。
去年も同じ頃に捕食シーンを撮っています。
冬場は餌取が活発になるのでしょうか?
この後 別の方が別固体を目撃していますがハイタカかもしれません。
捕食されたハトの冥福を祈りましょう。
別窓 | 留鳥 | コメント:14 | トラックバック:0 
最後の秋色 カワセミ
2008-12-06 Sat 21:15
暖かい日が続いた後雨、寒冷前線が通りすぎ冬がやってきました。
先日アオバトが下りてきたお茶室の前の紅葉はすっかり散ってしまいましたが、まだまだ残っている所はあります。
遠くから見ると落ち葉と残った紅葉が綺麗です。
きょうもアオバトは下りて来ず20数羽が東のほうに消えて行方不明です。
北のお池に行くと今日は2羽のカワセミが飛び交ってて、どうやら仲良くしてるのでペアになりそうです。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

橋げたの向うに留まってチョットだけ紅葉が...

KOWA TSN664+24×WDS+自作BR+CANON S80

カワセミ1


カワセミ2

お池に飛び込んで餌取をしましたが失敗のようです。
これは女の子ですね。

カワセミ3

背景の汚い所に留まりましたが、男の子のようなので...



カワセミ4

あっちこっち飛び回るも、中々いいところに留まらず。
今日はホントに寒い一日で、手がかじかんでフォーカスが上手く行かずボケ気味です。
でも こんなにいいところに来てくれたので載せちゃいます。

カワセミ5

燃えるような紅葉をバックに今年最後のモミカワ。

カワセミ6



カワセミ7

アトリも留まってくれました。


アトリ1

やっと紅葉がらみの鳥さんが撮れました 満足です。


アトリ2


木枯らしが吹いていましたので明日はもっと散ってしまう事でしょうね。
銀杏の木の下は黄色い絨毯が敷き詰められたようでとても綺麗でした。
別窓 | 留鳥 | コメント:6 | トラックバック:0 
カワセミ三昧
2008-10-30 Thu 23:07
今日は昨日に比べて寒くないと思ったらユリカモメは居ませんでした。
渡りの鳥たちもあちこち丁寧に見て廻りましたが何時もの株にはシロハラが2羽場所取りに争っていただけでした。
お池に着いてみるとマミチャジナイは出ていないらしい。
単にこの椋の木に来ていないだけなのか抜けてしまったのかは判りませんが...
カワセミは相変わらず出てくれてるようです。
至近距離の枝に留まって固まっていました。

画像は全てクリックすると大きくなります 是非大きくしてご覧下さい。

カワ1

道行く人も集まってきて感嘆の声を上げて鑑賞です。


カワ2

昨日と同じようにアチコチの枝や石に留まって大サービス。

カワ3

(*'▽'*)わぁ♪ 綺麗!!

カワ4

ポチャン  飛び込んで海老をとりました。

カワ5

( ̄皿 ̄)うしししし♪ 枝に打ち付けて弱らせています。

カワ6

ウグウグ  美味そう 

カワ7

満足じゃ (*^.^*)
と ここでやけに綺麗な胸の色だなぁと思ったのです。
一日でこんなに綺麗になるわけが無い ( ̄_J ̄)ん? 別固体??

カワ8


その後2羽居る事が判明 追いかけあいっこが始まりました。
これは 昨日の固体のようで若いですが先の固体も嘴が短いので早くに生まれたのでしょうか。

カワ9

とうとう バトルが始まりました。
嘴と嘴を咬み合って相撲をとってますが、如何せん池の端っこの見えにくい場所で遠い。

カワ10

相撲はどちらが投げ勝ったのかは良く見えず兄貴分の方が見えます。

カワ11

やがて2羽で同じ方角を向いて伸びたり縮んだりして威嚇行動。

カワ12

なんとも面白い喧嘩ですねぇ。
延々 向かい合ったり同じ向きになったりしてやってましたが、若い方が飛び出して何処かに行ってしまいました。
どうやら 勝負がついたようですね。

カワ13

と言っても良く判らないでしょうから動画で撮っておきました。
周りの会話が入っていて聞き苦しいですが貴重な場面ですのでご容赦下され。





別窓 | 留鳥 | コメント:4 | トラックバック:0 
巣立ち雛たち
2008-05-21 Wed 20:08
MFは夏鳥たちが姿を見せなくなりました。
キビタキが時折鳴いてはいるものの見つかりませんしサンコウチョウも音沙汰なし。
代わりに留鳥の雛たちが水場にやって来てくれます。
セグロセキレイの巣立ち雛は今日も屋根の上に居ましたが遠くてボケ写真でしたが、シジュウカラの幼鳥が薄めの色合いで細いネクタイをまとってやってきました。

写真は全てクリックすると大きくなります。


シジュウカラ幼鳥


スズメの幼鳥もやって来て水浴びします。

スズメ幼鳥1


2羽が止まり木で団子に...  おしくら饅頭と言ったほうがいいかも...

スズメ幼鳥2


ヤマガラが2羽でやってきました。
親と同じ色ですが淡い...  可愛いですねぇ。

ヤマガラ幼鳥1


口を開くとやはり黄色いです 私に餌くれと言われてもねぇ。
お風呂はキジバトが占領してたので退いて~~~と言ってるのかしら?

ヤマガラ幼鳥2



イカルチドリは昨日も今日も親しか居らず夕方などはどちらも留守でした。
チビちゃんは旅立ったのでしょうかねぇ。
イカルチドリの中洲近くに大分前に雛デビューした後行方不明だったマガモの一家らしいのが居ました。
もう 雛というより若鳥ですが、何時もの堰越えを親が促すシーンが見られました。
1羽は果敢に挑戦しては流されるを繰り返して居ましたが、以前に見た時のようにハラハラはしなくていいほど大きくなって居ます。


カモの幼鳥たち


後はアオバズクの子育てが楽しみです。

別窓 | 留鳥 | コメント:4 | トラックバック:0 
| ankoの鳥撮り帖 |

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。