身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
イカルチドリ その後
2008-05-28 Wed 21:04
イカルチドリのチビちゃんはその後1度だけ島に居るのを確認したきり姿が見えません。
親も1-2度見かけたけど留守がち、そうするうち激しい降雨があり上流で沢山降ったのか何時になく増水し中州や寄り州の草がなぎ倒される程でした。
直後は親もチビちゃんも何処に行ったやら...  心配していましたら親は少し水嵩が減った中州に居ました。
いよいよ 親離れしたのかはたまたはぐれたのか...
親一人子一人の母子家庭だからずっと一緒に居るのかとのはかない思いも叶わず、やはり野生の厳しさを思い知らされました。
毎年 巣立った子供たちと子育てを終えた親鳥の行方がよく分かりませんでした。
雛が大きくなると関心も薄れるという一面もありますが追跡し切れていなかったのです。
今回は救出劇があった故に思いが強く、まるで保護者にでもなった気分。
近くの中州を通るたびに調査していたのですが( ̄ヽ ̄;)うーん

そんな今日 親鳥は居ませんでしたが、中州の上流の堰をふと見るとマガモの親が羽繕い...
何気に堰の下を見るとカモのチビちゃんが5羽 必死に堰を越えんと泳いでいます。
先日の親子とは明らかに違い、まだ黄色い顔の雛です。
何時も そんなところ越えられないよ~~ とも思えるこの行為を親がするので疑問に思っていました。
今まではある程度すると親が下に下りて諦めたかのように止めてしまいますが、今日は何時まで経っても止めません。
呑気に 羽繕いしたり餌食べたり... 一方 チビはホントに必死。
果敢に挑戦するお兄ちゃんらしい1羽が必ず先頭を切り、最後に居るのは末っ子か ボケッとして流されては慌てて追いつくという微笑ましくもハラハラするシーンです。

画像は全てクリックすると大きくなります。

マガモ親子1


マガモ親子2




そんなシーンが30分も続きやっと親が下に下りました。
中州で皆が羽繕い...
それを見て 気付きました どうやら必ずしも堰を越えさせるというだけでもなく泳ぐ力を付ける訓練ではないかと...
お母さん 偉い!! 

マガモ親子3



何だか ちょっと嬉しくなって帰路に付きました。
下流の砂利のある中州を一つずつ見ながら帰ることにして、そこから橋 3つ下流の小さいけども中々良い中州を双眼鏡で見たその時 居ました チビちゃんです。
慌ててカメラを取り出して夢中でシャッターを切りました。
ここはノーマークでした ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

イカルチドリ若1


額の黒い部分はまだ無く、首輪の部分も繋がってませんが過眼線もちゃんと出てきておりもう立派な若鳥です。
4月上旬の救出時にはピンポン玉の大きさだったのにねぇ。
こんなに下流に居たのか やはり自然の掟に従って追い出されたのですね。

イカルチドリ若2


ちゃんと独立したんだ (*'▽'*)わぁ♪ 感激です。
豪快に水浴びもしていました もう安心ですね。
お蔭さまで羽根もこんなに伸びて大きくなりましたよ~~~。

イカルチドリ若3


今日は嬉しい一日でした。
やはり 地道な観察は必要ですね 粘り勝ちかな...

スポンサーサイト
別窓 | イカルチドリ | コメント:6 | トラックバック:0 
飛んだ!!
2008-05-16 Fri 07:08
イカルチドリチビちゃんが島を行き来して飛んでるのは目撃しましたが、中々そのシーンを撮影できませんでした。
孵化後47日目を迎えた昨日不鮮明ながらもやっと撮る事が出来ました (^.^)
尾羽のしょぼしょぼもしっかりしてきて逞しくなってきましたが、相変わらず親離れせず過保護児ですね。
他の鳥などでは小さい時から縄張りを主張し他の鳥たちを追い立てる事がありますが、このチビちゃんはそういう場合でものんびりしたものです。
親は何処からかすっ飛んできて追い払います。
追い出されずにここに居てくれると観察出来るので有り難いのですが、独り立ち出来るのかが心配になって来ます。

写真は全てクリックすると大きくなります。


飛ぶイカチビ


飛ぶイカチビ2


さて MFの公園では夏鳥たちが不作です。
葵祭りの頃は サンコウチョウやノゴマなどの出る事が多いのですが今年はサッパリ。
淋しい日々が続いていますがその中でキビタキだけは囀りを聴かせてくれています。
若いのはペアでやってきたり、♀と鳴き交わしたりしてますので、繁殖の可能性もあるのかも...

大きく喉を膨らませて鳴く♂

キビタキ1


キビタキ3


一緒に来た♀にアピールする♂。

キビタキ4



水場にやってきたエナガの若。

エナガ若鳥


アオバズクがペアで居るのを観察しましたのでこれからが楽しみですね。
別窓 | イカルチドリ | コメント:4 | トラックバック:0 
イカルチドリの成長 旅立ちは何時?
2008-05-08 Thu 00:16
イカルチドリのチビちゃんが孵化後37日目を迎えた5月5日のことです 以前に流されてた小島に朝居るのを発見!!

この小島は餌が豊富と見え 親鳥がお気に入りの場所ですから、羽根も大きくなったチビちゃんは飛んで行ったのかもしれません。
川の水量が以前とは随分減り、小島は中島くらいになってて中州との間も渡って行けなくも無い深さなので浅瀬を選んで行ったのかも知れません。
一先ず成長を喜ばなければなりませんね。
しかし 夕方には同じ場所に居て、飛ぶのを期待して待ってみましたが一向に飛びません。
島は見通しが良すぎて危険なので戻れなければ心配でしたがその日は帰りました。
翌日 中州に戻ってることを祈って行ってみるとやはり同じ場所で採餌しています やはり流されたのだろうか・・・・
その夕方に観察すると島に居ません ( ̄± ̄?)ん? 追い出されたのだろうか?
昨年の資料を見てみると、孵化後32日目に親たちは次の交尾に入り、38日目に抱卵開始して雛たち(2羽でした)を手ひどく追い出しました。
しかし 今回は孵化後10数日目位から親は1羽しか見えず、最初は♂が浮気してるんかなと思ってたのですがどうやら母親しか居ないようです。
姿は見えずともカラスやトンビの脅威には何処からかしら飛んできて2羽で渡り合っていたのに、そんな場合でも1羽しか居ませんでした。
この子の成長が遅いし、次の交尾が無いとなると追い出したとは思えません。
でも 親は島に居て中州のイソシギを追いたてに行き又中州に戻っています ( ̄ヽ ̄;)うーん
と その時中洲に一番近い部分に何かが飛んできました ( ̄0 ̄)/ オォー!!
チビちゃんです 飛んだのです 感動のシーンです。
残念ながら写真は撮れませんでしたが 何だかホッとしました。
岸辺からは手前にセイヨウカラシナが大きく育ちすぎて見えないので、思い切ってその中を藪こぎして島に最接近し写真を撮ってきました。
カラシナの藪から顔を出すと親が警戒音を出していましたが島の端っこの方に行っただけで無事撮る事が出来ました。


5月2日 孵化後34日目のチビちゃん

写真は全てクリックすると大きくなります。

イカチビ34日目1

イカチビ34日目2


5月7日 孵化後39日目 やはりちょっと顔つきが逞しくなった感じがします。
大きさも親とほとんど変わらないくらいになってました。

イカチビ39日目1

イカチビ39日目2



今日は着いた時 親だけしか見えずその上直ぐに下流の方に飛んでいったと思ったら戻ってきて、又対岸のビルの屋根に暫く留まっていました。
こんなに遠くに飛んで行くのを見たのは初めてで最初チビちゃんがもう居ないのかなとさえ思いました。
もしかしたらチビちゃんに飛ぶのを促してるのかも知れませんね。
旅立ちはもう近いのかも知れません ガンバレ チビちゃん。
別窓 | イカルチドリ | コメント:0 | トラックバック:0 
イカルチドリ雛 その後
2008-04-26 Sat 22:36
大量の写真の整理がやっとつきましたが、その後撮ったものが又溜まっています (;´д` ) トホホ
コスタリカ第二段 ミドリハチドリで、英名はGreen Violet-earです。
英名に有るように耳の部分が紫色で、ミドリムラサキミミというのが本当かも・・・・
ハチドリは沢山の種類があって分からないものが大方ですが、これは名前が合ってると思います。
暗い場所だったので色がもう一つですが日が当たればそれはそれは綺麗な色です。

画像は全てクリックすると大きくなります。



ミドリハチドリ



イカルチドリ雛 1羽になったその翌日に中州から流されたのか小さな小島に居ました。
幾ら擬態が上手とは言えカラスやトンビにさらわれるのは時間の問題、雨など降れば一たまりも有りません。
知り合いのNさんにヘルプ!!
水量の多い川に二の足を踏んでたところに川遊びの方が手助けをして下さり、決死の救出作戦で元の中洲に戻しました。
直後に親が飛んできて抱いており安堵しました。
これは 孵化後18日目の親子です。


イカチビ親子


その雛が順調にすくすくと育ち今日で28日目を迎えました。
草ぼうぼうの上、元気に飛び回る雛を写真に捕らえる事が中々出来なかったのですが、やっと近くで撮れました。
しかし 昨年同じ場所で育った2羽の雛の同時期の写真と比べると小さくて幼い感じがします。
発育が不全なのかなぁ 心配です。
http://picasaweb.google.com/anko777/PXjPMK/photo#5076309162999216674
親と比べても大分小さいようだし・・・ まあ個体差があるのかも知れませんね。
これは 27日目

イカチビ28日目


これは 今日 28日目です
昨年は32日目に次の繁殖の為の交尾に入り、幼鳥は手ひどく追い出されたそうですが・・・
発育状態をちゃんと見極めてくれるのでしょうか?

イカチビ29日目


MFでは夏鳥が順調にやってきたようです。
川にはノビタキ、ニュウナイスズメ 公園にはキビタキ、オオルリ、コサメビタキ、センダイムシクイ、メボソムシクイ、コルリ、コマドリ、アカハラ など
春はいい声で囀ってくれますが逗留は短くほとんどは去っていきました。

これは オオルリ♂ ちょっとまだ若いようです。

オオルリ♂


オオルリ♀


オオルリ♀


エナガの雛が巣立った直後、雛同士が固まる「エナガ団子」を発見しました。
大変見難い場所ですが何とか見えるでしょうか?

エナガ団子



別窓 | イカルチドリ | コメント:2 | トラックバック:0 
イカルチドリ雛誕生
2008-04-03 Thu 17:35
暫くご無沙汰致しておりました。

実はコスタリカに12日間思い切って行って来て憧れのケツァールが撮れたんです。
優雅な長い尾は無かったのですが幸運なことに第一日目に現れてくれました。
追々 整理が付き次第アップして行くつもりです。


ケツァール


留守の間に目まぐるしく季節は巡り、キクイタダキが大サービスの満開の赤い花を咲かせてくれ、みなの興味がそちらに行ってる間にイソヒヨドリは姿を見せなくなっていました。
キクちゃんも散発的に姿は見せて呉れてるものの以前ほどサービスは良くないそうです。

川のイカルチドリが何時も営巣する中州は今年は草ぼうぼうでその気配を感じていなかったのですが、イソヒヨが消えたのを確認しての帰り道 中州でカラスを追いかけてる親鳥を偶然発見しました。
気長に後を追いかけてみると何と抱卵してました。
それももじもじと落ち着かずはっきりとは見えないものの何だか1羽孵ってるような気配。
でも 確認は出来ずに日没となり諦めてその日は帰りました。
翌日3月29日 何と3羽が飛び回ってるのを確認、よくぞ孵してくれましたと嬉しく思いました。

イカルチドリ三兄弟誕生


上流の中州にもペアが他の鳥を追い出す仕草をしていたので観察に行き、帰路に再び行ってみるとどう見ても2羽しか居ません。 ( TДT)
その後2羽が元気良く飛び回っていたのですが4月2日朝は2羽を確認しましたが帰路何度見ても1羽しか居ませんでした o┤*´Д`*├o アァー
最後の1羽 どうか無事で育って欲しいものです。

最後の雛


親に抱かれた後 飛び出す雛です。

飛び出す雛


水際で餌を啄ばむ雛。

水際の雛


翼は羽根がないとホントに手のようですね。

元気な雛


トビさん カラスさん 見逃してね。
祈るしかありません。
別窓 | イカルチドリ | コメント:2 | トラックバック:0 
| ankoの鳥撮り帖 |

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。