身近の鳥たちを観察しながら悪戦苦闘の撮影を続けています。 10倍機コンデジにはじまり一眼超望遠、デジスコと全てに手を染めた結果、どっぷりと鳥の世界に嵌ってしまいました。
http://anko55.blog5.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
待望のコマドリ
2009-11-14 Sat 03:32
ノゴマが去った後待ちかねていたコマドリが先月末に水場にやって来てくれました。
昨年とは違って成鳥♀のようです。
1日目は愛想が良かったのですが2日目は何故かそわそわと落ち着きませんでした。
3日目にはとうとう姿を現しませんでした… その訳はちょっと前から縄張り宣言を高らかにしまくっていたモズの影響ではないかと思われます。

画像はすべてクリックすると大きくなりますので是非大きくしてご覧ください。

デジスコ コーワTSN-884 TSE-14WD S80 


バックに日が差し込んで色合いがもうひとつ…

こまどり1


右側の嘴の上に突起が見えますが何でしょうね?

こまどり2


左側の頬の辺りにポコンと膨れたものがありますが、まさか飴玉が入ってるんじゃ…

こまどり3



こまどり4


見返りです。

こまどり5


もう少し尾っぽを上げてくれると良いのですがね。

こまどり6


やはり左頬は膨れてます。

こまどり7


バックに夕日が差して見え難かったです。

こまどり8



こまどり9


居なくなったと思っていた3日目の夕暮れ 突然現れて水浴びです。
雑音が入って聞き苦しいので代わりにダンス音楽を入れました。
軽快なリズムに乗って水浴びする様子をご覧ください。




11月の中頃 昨年は目の覚めるように綺麗な♂が入ったのですが、今年は天候も不順で未だにやって来ていません。
待ち焦がれる毎日です。
スポンサーサイト
別窓 | 夏鳥 | コメント:5 | トラックバック:0 
毎日何処かでノゴマが9日間
2009-10-28 Wed 23:07
19日の月曜日に鮮やかなノゴマ♂2号が出てから毎日別固体のノゴマが出てくれました。
チラッとしか姿を見せてくれない固体もありましたが、これほど多くの固体が途切れることなく続いてくれたのは嬉しい事です。
今秋はノゴマの出現が多いようですね。
それに引き換えキビタキ♂やオオルリ成鳥♂、クロツグミ、マミチャジナイ、ムギマキなどが見られず寂しい限りです。

画像はすべてクリックすると大きくなりますので是非大きくしてご覧ください。

G1 マウントアダプター EF400mm F5.6L 画像サイズM 換算1120mm


♂3号 火曜日 午後になって発見されました。
薄暗い茂みで中々姿を現さず 撮影に苦労しました。

ノゴマ3号♂


♂4号 同じ場所に2羽居たようで腿の辺りの白さがポイントです。
出てきてくれたのが5時過ぎ まともに撮れていません。

ノゴマ4号♂


♂5号 水曜日 壁際に2回ほど出ただけで行方不明に…

ノゴマ5号♂


♂6号 木曜日 水場に午後チラッと姿を見せただけで一向に出てきません。
きっと水浴びに来るに違いないと待つ事数時間、5時を過ぎて水浴び。
暗い事で有名な水場、ファインダーは真っ暗ですが喉の部分の赤い色が蛍光色の様に光っていて、それを頼りに撮ったものです。
ISO2000、シャッタースピードは1.6秒 取れたのが不思議…

ノゴマ6号♂


金曜日 ♀2号 先に現れた♀より目がパッチリとして可愛いです。

ノゴマ♀2号


喉の白さとバッテン印の眉班と顎班、雨覆いの先端にバフ色が見えるので若かと思われます。

ノゴマ♀2号2


何と同じ日 少し離れた所に鮮やか成鳥♂7号が…

ノゴマ♂7号1


♀の所には誰も居なくなりました。

ノゴマ♂7号2


興奮状態なのか尾っぽを上げて中々サービスが良い。

ノゴマ♂7号3


赤い色もですがバッテン印の白にも黒い縁取りがあって際立って見えますねぇ。
♀はやはり地味です、いや「こうとな」んです。 ※ こうとな・京都弁 地味で上品なさま

ノゴマ♂7号4


喉の赤い部分との境目には少しだけ黒い部分が見えますので、オオノゴマ候補ですね。

ノゴマ♂7号5


赤い色にはついつい魅惑されてしまいます。

ノゴマ♂7号6


今年は堪能させてくれましたね。

ノゴマ♂7号7


土曜日 ♂は旅立ち♀が残っていました。
放って置いて御免ね。

ノゴマ♀2号3


眉班は少し薄いものの顎班は黒くは無いけど縁取りされているようです。
喉の白い部分も光を浴びると反射してるように見えます。

ノゴマ♀2号4


横姿も♂と同じですが色だけが違うんですね。

ノゴマ♀2号5


ウグイスみたいに留まってますが顎の線が歴然 見紛う事はありません。

ノゴマ♀2号6


換算1120mmですが ノートリでこの大きさまで寄ってきて呉れました。

ノゴマ♀2号7


木に止まった虫を捕りにやってきたお嬢様
足の指まで見えてカッコイイ~~

ノゴマ♀2号8


片羽根伸ばし

ノゴマ♀2号9


この鳥は両羽を伸ばすバンザイはあまり上に伸ばしませんね。

ノゴマ♀2号10

月曜日は雨 その為か旅立ちをせず、翌火曜日も滞在し、ちょっと心配になっていましたら夜のうちに出立したようです。
9日間途切れず毎日ノゴマデーは無事終わりました。
本当に楽しませてくれました 来年も忘れず寄って欲しいものです。

別窓 | 夏鳥 | コメント:2 | トラックバック:0 
鮮やかノゴマ♂2号
2009-10-22 Thu 23:20
お池のモッコクレストランの在庫が少なくなり、待望のムギマキがやって来ません。
昨年はモッコクの実りが無く涙を呑みましたが、今年は良く実っていたので期待してたのですが…
他の渡りがまったく来なくてやきもきしてたところ、この前に出たのと同じ所にノゴマ成鳥♂が出てくれました。
今回のはオオノゴマ未満ですが赤い色の境目に黒い線がうっすらと入ってる極上の♂です。
前回と機材を変えてみましたのでとても鮮やかに撮れています。

画像はすべてクリックすると大きくなりますので是非大きくしてご覧ください。

G1 マウントアダプター EF400mm F5.6 画像サイズM 換算1120mm


勿論マニュアルフォーカスですが明るいファインダーと拡大機能でとても見やすいです。
大きく撮れてバッテン印も赤い色との境目もばっちり色鮮やかです。

ノゴマ♂1



ノゴマ♂2



ノゴマ♂3



ノゴマ♂4


ノゴマ♂5


垣根の中で面白い格好をして留まっていますね。

ノゴマ♂6


あえて逆光で撮ってみたらこれも面白い格好をしてくれました。
( ̄_J ̄)ん? 何か御用?と言ってるような…

ノゴマ♂7


おかしいな~とでも言ってるのでしょうか?

ノゴマ♂8


\(*T▽T*)/ワーイ♪ と伸び。

ノゴマ♂9


気をつけ~~

ノゴマ♂10


礼!!

ノゴマ♂11


左向け~~

ノゴマ♂12


呼んだ??

ノゴマ♂13


何やら格闘しています バッタのようです。

ノゴマ♂14


大きいのでもてあましているのでしょうか?

ノゴマ♂15


あまりお腹が空いてなかったのか食べにくいのか…諦めたようです。

ノゴマ♂16


段々と日暮れて来ると大胆にも近づいてきます。

ノゴマ♂17


ノートリでこのサイズ びっくり。

ノゴマ♂18


目の前で片羽根伸ばし 美しい羽根ですね。

ノゴマ♂19


肉眼でも見難くなって来ましたが ISO400で何とか撮れています。
G1 中々良いようです レンズの良さが出てるのでしょうね。

ノゴマ♂20

この日はじっくりと楽しませてくれ、翌日には旅立ったようです。
昨年は若い♂が多くて赤いエプロンが斑だったり薄かったりしましたが今年は2つも入ってくれてしかも真っ赤。
本当に何度見てもドキドキします 暗闇でも赤い色は浮かび上がって見え、カワセミブルーの構造色のようです。
ちょっと又載せすぎました ポリポリ (・・*)ゞ

別窓 | 夏鳥 | コメント:0 | トラックバック:0 
秋の渡りと冬鳥が同居
2009-10-12 Mon 23:31
台風一過 珍しい鳥が入って来るかと期待しましたが公園は静かなものです。
池のほとりのモッコクの木にキビタキやオオルリ、コサメ、ムシクイなどがやって来てますが、枝が盛大に被ってる上に動きが早くて中々上手く撮れません。

画像はすべてクリックすると大きくなりますので是非大きくしてご覧ください。


EOS40D EF400mm F5,6


今秋 初めて撮る事が出来ましたコサメビタキです。
ヒタキ三兄弟の出現が無いのでとてもさびしく思っております。

kosame


オオルリ♀かと思われます。

ooruri


キビタキ♂ 中々姿を現してくれず動きが早い 手ごわいです。
1羽の上の微かに黄色いのはもう1羽のキビタキ♂が動いている軌跡です。
以下の4枚はG1にEF400mmを着けたものです。

kibi♂


モッコクの赤い実を食べるキビタキ♂

kibi♀


直ぐ傍にあるサクラの木に虫を探すメボソムシクイ

musikui


オオルリの♂も赤い実を夢中で食べてます。
その他メジロ、シジュウカラ、キジバト、コゲラなどが群がる大人気のモッコクです。
フライキャッチャー達は実を食べる時もホバリングするので手ごわいのです。

ooruri♀


ノゴマが居た垣根を観察してると垣根から枝に飛び移った鳥が居ました。
w( ̄o ̄)w オオー! ジョウビタキ♀。
なんと もう冬鳥がやって来たのですねぇ。

jobi

萩の植え込みにはキセキレイの若。

kisekirei


暫く座って観察してても頭上の枝にオオルリの♀が留まったきり…
何も居ないので場所を移動しようかと自転車に乗り小道を進みますと。垣根から何かが飛び出ました。
萩の植え込みに逃げ込んだので自転車を降りて見てみるとノゴマ♀でした。

mogoma1


♂とまったく同じデザインながら赤い色が無い。
こんな枯れ葉と同じ色合いですから彼女は動かなければ見つけられなかったでしょう。

nogoma3


眉班と顎の線がバッテン印なのも一緒ですねぇ。

nogoma4


喉の部分は白っぽいんですね。

nogoma5


上を見上げると白さが目立ちます。

nogoma6


水場の後ろではビンズイが居たそうです。
確実に冬はやって来てるようです。
大人気のモッコクの実 ムギマキがやって来るまで残ってるかしら…
しかし まだ熟してない実をコゲラがつついて食べてるのにはびっくり。
まだまだ 秋の渡りが楽しみなこの頃です。
別窓 | 夏鳥 | コメント:0 | トラックバック:0 
鮮やかノゴマ
2009-10-08 Thu 23:24
どうやら台風はコースをそれて我がボロ家は無事でした。
その台風の来る前にMFの公園にノゴマ成鳥♂が入りましたが、台風が通り過ぎるまでは滞在するであろうと掲載を控えて居りましたが今日姿が見えませんでしたのでアップする事にします。
春に来た場所に春よりは赤い部分が薄いものの見事な成鳥です。
同じ鳥とは思えないのに決まって同じ場所にやって来てくれるという事はこの場所がこの種の鳥たちに安心できる場所だと言う事でしょう。
一方 良くやってきてくれた場所に来なくなったという所もあるのはその場所の環境が変わってしまったという事なのでしょうか?
公園ですから整備は必要ですが、鳥たちの餌である毛虫を退治しすぎてかトケン類はやってきても通過するばかり。
垣根の刈り込みや芝刈り、枝払いもやりすぎると寄り付きません。
人間の都合ばかり優先させないで野生動物との共存を図れるようにしたいものです。

画像はすべてクリックすると大きくなりますので是非大きくしてご覧ください。


EOS40D 400mm F5,6


垣根をチョロチョロする鳥が居ましたが、ヤブサメかなとスルーしようかと思いました。
いやいや油断はならぬ そろそろ色物が来る時節 じっくりと観察する事にしました。
自転車が垣根の小道を通り過ぎた時 こちら側に走り出てきたその喉は真っ赤。

ノゴマ1


垣根から離れず様子をうかがっています。

ノゴマ2


喉の部分の鮮やかな事 半年ぶりです。

ノゴマ3


切り株や紅葉の木があるのでちょっと前に出てきました。

ノゴマ4


それでもキョロキョロ。

ノゴマ5


だいぶ安心したようです。

ノゴマ6


リラックスしていますね。

ノゴマ7


垣根の中は安心の場所です 葉っぱのフレームの中で…

ノゴマ8


餌探しを始めました。

ノゴマ9


見返りはとても素敵なシーンです。

ノゴマ10


垣根の向こう側の小道を時折通る自転車に驚いて紅葉の木に留まりました。

ノゴマ11


素敵なシーンですが逆光でピントも来難く目も出ないのが残念。

ノゴマ12


脚の長いのが良く分かります。

ノゴマ13


綺麗な喉の部分を見せてくれて最高!!

ノゴマ14


手前の枝が無ければもっといいのですが贅沢は言えませんね。

ノゴマ15


構図を変えて上から見下ろし風。

ノゴマ16


アングルを変えて… 手前の枝が邪魔。

ノゴマ17


ちょっと翼の羽毛が乱れてます。

ノゴマ18


葉っぱのフレームで羽根伸ばしです。

ノゴマ19


だいぶ慣れてきたのか長い時間固まっています。

ノゴマ20


ノゴマ21



ノゴマ22



ノゴマ23



ノゴマ24



ノゴマ25


ノゴマ26



ノゴマ27


紅葉のお屋根の下で… 絵になりますねぇ。

ノゴマ28


実に色んなシーンを見せてくれました。
ちょっと載せすぎかな ポリポリ (・・*)ゞ
後ろを向くと垣根の中に溶け込んでしまって地味なのですが、その分振り向くとはっとさせられるデザインですね。
いつ見てもドキドキとします。
台風に巻き込まれないで無事旅立ってくれたのでしょうか?


別窓 | 夏鳥 | コメント:3 | トラックバック:0 
| ankoの鳥撮り帖 | NEXT

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。